ドル円取引からFX1000通貨を始める

FX自動売買はモニタリングが大切です

FX自動売買、特に現在FX業者などで運営されている自動で取引をしてくれるFX自動売買などにおいては「一度契約をすれば一定のルールのもとで常に利益を出してくれる」というような思い込みをされることがあります。
もちろんある程度の経験や知識がある人であればそうした思い込みをすることは無いのですが、これまで一度もトレードに参加したことが無い人や、FX自動売買に関する情報を集めずに使用をスタートしてしまった人は、そうした思い込みをしてしまうことがあるのです。
ですが現実において、FX自動売買を使い始めた際には必ずモニタリングも並行して行わなくてはなりません。
売買の指示作業やその判断などが自動化されていたとしても、それがどのような場合でも理想的な形で動作するとは限らないのです。
その理由としてまず、FX自動売買において採用されているストラテジ、売買の判断基準は常に適用できる物とは限りません。
例えば何らかの理由があって長期的に下がり続けている通貨に対して、「価格が上昇することを期待する」というように買い付けるのはギャンブル性が強すぎます。
裁量トレード、つまり人が行うトレードであればそうした情報に対応して判断をすることができますが、システムはあくまでも相場の数値データの値動きを判断基準にしますから、ストラテジが古いのであれば市況の変化に対応することはありません。
加えて、現状のコンピュータを使ったFX自動売買に関しては、ごく稀ではあるもののシステムエラーが発生することがあります。
損切りをするはずのタイミングでシステムに障害が発生し、損切りが遅れたというようになれば元も子もありません。
そうした事態を防ぐには、FX自動売買を運用している人が定期的にモニタリング、監視をして稼働状況をチェックする必要があるのです。
また状況によってはFX自動売買の運用を一時中断した方がよいこともありますから、常に張り付いている必要はありませんが、定期的に状況をチェックすることは必要不可欠なのです。
参考:FX自動売買の簡単な始め方!選んで設定をするだけでプロ並みの取引開始

 

投資と言われるものにはいくつか有名なものがありますが、その中でも昨今、かなりの人気をあげているのが外国為替証拠金取引、FXというものでしょう。これは本当に多くの方がおすすめしている投資方法なのですね。

 

人にすすめるからには、それなりの理由があります。ここではその理由について考えてみたいと思うのです。まず、 FX取引にはメリットが圧倒的に多いということ。これは他の投資方法と比べてみれば一目瞭然ですが、FXの場合、利点がたくさんあるのですね。

 

一つ目には、小額から取引に参加できるということが言えます。これはFX取引業者によってさまざまなのですが、はっきり言えることは、一般のサラリーマンの方のお小遣いでも充分にできる金額なのです。

 

二つ目には、外貨預金などに比べると取引手数料が安いということがあげられます。こうした手数料というものは、けっこう少ない金額ですから、これくらいならしょうがないな、と言って払い続けると、塵も積もれば、の原理でとんでもないことになってしまいますよね。ですから、できるなら手数料は安い方がいいわけです。

 

三つ目には、FX取引は24時間取引可能であるということ。これは大きな魅力と言えますね。だって、毎日忙しい人は取引のタイミングが取りにくくなってしまいますから。自分の空いた時間、たとえば仕事が終わった夜などに、ゆっくりと取引ができれば言うことなしです。

 

そして、いよいよFXの醍醐味と言えるレバレッジです。これを賢く利用すれば、元手よりも多くの額が扱える計算になります。言わば一攫千金。このレバレッジ効果をFXの最大の魅力としているトレーダーも多いのです。

 

まだまだあります。たとえば、FX取引は円高でも円安でも、どんな局面でも利益を得るチャンスがあるということや、為替市場は世界中に参加者がいるので、株などよりも取引が成立しやすいということなど、数え上げればきりがない。

 

これだけのメリットに恵まれているFXですから、多くの参加者がいるのもムリはありませんね。ただ、何事にも言えることなのですが、もちろんメリットだけではなく、デメリットもあります。でも、考えてみればリスクのない投資なんて、この世の中にありませんから。

続きを読む≫ 2015/11/20 10:39:20

『世界の投資家』
クリスマス休暇に入っている人が多いみたいです。
最近は、相場のボラティリティーが凄いため
休暇を返上して、トレードに勤しんでいるかもしれないです。
今の時代なら
休暇先でも、取り引きすることは可能ですし。

 

『日経平均株価』
400円以上の上昇を演じて、17600円を回復しました。
25日移動平均線も、クリアーしてきました。
連邦公開市場委員会の声明文を受けて、トレンドが大きく変わってしまったのかもしれないです。

 

『モメンタム株』
値動きに勢いがある株のことです。
デイトレーダーなどは、頻繁にモメンタム株を売買します。
デイトレで儲けるコツは、いかにモメンタム株を見つけるかです。
オシレーター系のテクニカル指標に、モメンタムといものがあります。
モメンタムの値が小さいほど、株価の上昇に勢いがないという見方もできます。

 

『コメ兵・ラオックス・ドンキホーテ』
訪日する外国人の関連株として、物色されています。
日に日に、訪日する外国人が増加しています。
彼らは、日本に多額のお金を落としてくれるため
決して、バカにできない存在です。
日本に来る外国人は、お金持ちが多いですから。

 

『掉尾の一振』
年内最後の取引日である大納会へ向けて、株価が上昇しやすいです。
年末に起きる株高のことを意味しています。

 

『外国為替証拠金に関する詐欺』
最近、急増しています。
特筆すべきな点は、騙された人の半数が
20代の若者であることです。
スマートフォンが普及した影響でしょうか?
普通に考えれば、お金を持っているお年寄りをイメージしてしまいます。

 

続きを読む≫ 2015/06/23 16:40:23

相場には一般的な買い方さん以外に売り方さんもおられます。以外と知られていない存在かも知れないですね。
NYダウ、CME日経先物、日経平均先物、世界の中心であるNYの相場動向と これを元にした二つの先物。これが相場の中心を作るというのは、先ほどお話しました。
それでは、今回は 先物における買い方さんと 売り方さんのお話をしたいと思います。
そもそも何故 売り方さんって居るの?と不思議に思う方も多いかも知れないですが、リスクヘッジと言う性質上その存在が認められ、空売りがあるのと同じ事で先物相場におけましても売り方さん、と言う方々が存在するわけです。
日経平均と言う代物だけでなく 相場と言うものは中々よほどイケイケの上昇気流に乗らない限り上限は限られて来ます。
しかし、急落。と言うのは大きく 一気に下がります。これを利用したりヘッジ掛けたりするのが 空売りであり売り方さんであります。
日経平均のストップ高なんて聞いたことありますか?そもそも 東京市場始まって以来、バブルの頃でさえ未だ一度もありません。
しかし ストップ安。と言うのは何度あったでしょうか?数えるほどかも知れないですが、サブプライムショック リーマンショック 東日本大震災と度々日本は経験しております。
この急落を利用した相場打ちの(ばくち打ち見たいですが)方々を売り専門と呼びます。
いつの相場もこの 売り専門と買い専門 これは大げさで実際には少し違いますが・・・この構図が成り立っているわけです。
試しに 一度 先物相場を覗いて見ましょう。数テック、相場の分かれ目になる値に指値が大量に入って居るのがすぐに見つかるはずです。
下に下がれば 買い方が大量注文しているのも 上に上がれば大量の売り注文があるものすぐに見つかると思います。
この対立の図式を覚えておくのも 相場で儲ける秘訣です。
必ずしも 指値の多いほうが勝つわけでは決してありません。時勢に強いほうが 弱いほうを飲み込んで一気に相場が動きます。
一つの豆知識として覚えておくべき 構図だと思います。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:40:23

先物とざっくりタイトルに書きましたが、まずは日経平均先物についての豆知識から。
日経先物とは大きく分けて二つあります。海外時間 NYダウと同じに始まるCME日経先物。
こちらは、日本国内から取引するには、扱っている特別な証券会社に口座を作らなければならず、一般的には知られおりません。
しかしながら、このCME日経先物が 毎朝の寄り付きの値段を決めていると言って過言ではありません。
いわゆる、朝安 朝高はこの、CME先物の終値換算から 始まり値が付くわけです。もちろん 朝安で始まっても買い優勢なら始まりは高かったりと駆け引きはあります。
しかし 世界経済の中心である NYと連動して動くこの CME先物です。当然 東京市場に入っても影響力は大きいです。
これが 一つの日経平均と先物の関係となり相場を構成していく訳です。
次に二つ目の 先物。これは 東京市場と一緒に始まる。日経先物。ラージ、ミニ、と二つの先物がありますが、こちらは皆様なじみが深いかも知れないですね。
一時は こちらの先物を取引する個人投資家の方も多かったであろうと存じます。
これも 一般の個人投資家以外の方々が多くリスクヘッジ等で購入、又指値を入れております。
いわゆる、売り方 買い方と呼ばれる先頭に立つ方々です。
先物、と言う性質上 この二つの先物は非常に繋がりが深いです。
まずは、この二つの先物の動きを読む事が短期トレードには重要不可欠な事であります。
この二つに乗っかり資金を流し込んでくるのが いわゆる 投資マネー(メジャーマネー)であり 海外投資家達でありますので、これに便乗するのが必勝法の一つかと思います。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:40:23

日経平均の基本。
基本的に日本国内の日経平均はアメリカのダウと平行してCME日経先物が動かしているといって過言ではありません。
基本的にNYのダウとCME日経先物は連動して動いております。
その証拠となる最近の出来事で一番分かりやすいのは、原油安に伴うダウの急落です。
先週末、急落したダウの流れを引き継ぎ 東京市場も荒れ模様になったのは皆様ご存知かと存じます。これは、非常に簡単に予測できた事で ダウと共に急落してきたCMEの価格、基本的に日本円に直した価格で朝に寄り付きます。
当然 朝安で寄り付く分けです。これだけで一日の相場の流れまでは読めませんが、原油の急落と言う現実を受けてのダウ急落です。
ダウと共にCMEが安く寄り付けば、当然 利益確定に追われる流れになるのは基本スタンスです。
日本だけが単独で上がる事は 無いといって過言ではありません。
アメリカを中心とした世界情勢の中に 東京市場も置かれていからです。
ここまで 上げ上げ基調で東京市場が上げてきた アベノミクスですが、世界的に一定の評価をされてダウと共に上昇の流れを作ってきましたが、今後は少し荒れた展開になることが安易に予測できます。
為替の円高もそうです。原油が下げた、景気の後退、円高、と連想ゲームで相場が動くのですから、日経平均も被害を免れません。
この重要な指標になる CME先物。単なる指標ではなく実際に アメリカと連動すると言う事は 世界情勢と連動していると言う事です。
CME先物は深夜のアメリカ時間に動きますので、ネット等で簡単に見れます。FX 先物 現物 問わず、相場をされている方は慎重にこのCME先物の予測をすることが、東京市場での相場動向に強くなる秘訣なのは、間違い無い事です。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:40:23

JTの株価が急落している。11月4日には株価が4200円をつけたが、12月17日には3107円の安値をつけた。この下落は、ロシアの通貨ルーブルの大幅下落に連動している。さらに、原油価格の急落とも連動している。JTのたばこ販売事業における海外販売では、ロシアでの販売の比率が高いらしい。このため、ロシア経済が悪化すると、ロシアでの煙草販売の数量が低下すると投資家は判断したらしい。しかし、株価が約25%も下落するのは、オーバーシュートであると判断できると思う。
JTの株価チャートのテクニカル指標を点検すると、RSIは10ポイントを下回り、MACDも買い転換に向かうものと判断できる。さらに、業績面で判断すると、いまのJTの株価はPER15倍の水準となっている。JTの煙草販売は、国内市場は縮小傾向だが、海外市場についてはM&Aを積極的に進めたため、拡大傾向にある。また、医薬品事業や飲料事業は、まだまだ事業ポテンシャルが高い。このため、JTという企業については、「利益成長企業」という位置づけは今後も不変だと思う。このため、PERは再び20倍を目指して、株価は上昇基調に戻っていくと思う。
なお、JTは高配当企業としても価値がある。2014年は、6月と12月にそれぞれ50円ずつ配当する見込みだ。年間100円となる。12月19日の株価は約3400円なので、年間配当利回りは約3%となる。基本的に、配当利回りの高い企業の株価は、大きく下落しない。もはや株価は底を打ったと思う。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:39:23

『原油価格の急落』
アメリカ合衆国が仕掛けたという説を見聞きしました。
過去に冷戦状態だったロシアを潰したいということでしょう。
昨日、記者会見をしたプーチン大統領は
相変わらず、強気な姿勢でした。

 

『日本銀行』
金融政策の現状維持を決定しました。
今回は、完璧
連邦公開市場委員会の陰に隠れてしまいましたね。
上場投資信託を買っている枠は、来年の枠を使っているようです。
前倒しをして、大丈夫なんでしょうか?

 

『日経平均株価』
連邦公開市場委員会の声明文を受けて、連日の急騰です。
節目の17500円を回復しています。
私が保有している株の金融資産も、330万円を超えました。

 

『12月』
株の新規公開が、ラッシュを迎えています。
しかし、初値が急騰した後に、暴落する銘柄が続出。
壮絶なストップ安を記録するものが多いです。
初値に飛びついて儲かる時代は、終わってしまったようです。

 

『日米欧の株価』
急騰しまくっているため
イエレン・サンタからの一足はやいクリスマス・プレゼントですね。
それにしても、連邦準備制度のメンバーは、抜群に頭がキレる集団ですね。
さすがは、世界経済を牛耳っているアメリカ合衆国です。

 

『昨日のニューヨーク・ダウ』
何年かぶりの上げ幅・上昇率でした。
20000ドルの大台が見えてきました。

 

『マーベラス』
最近の売買代金は、凄まじいです。
昨日は、1000億円をオーバーしていました。
この売買代金だと、機関投資家やディーラーも参戦している可能性が高いです。

 

『12月における相場』
過去のデータでは、株価が上昇しやすいです。
去年は、そのパターンで上がったと思いきや
年が明けた途端に、急落しました。

 

続きを読む≫ 2015/06/23 16:39:23

私は株式投資をしております。まだまだ素人で利益はあまりでていませんが、コツコツと続けております。そこで得られた投資の情報をここでお伝えさせていただきます。ただ、気を付けてほしいのがこのやり方が絶対に正しいということではありません。素人の方が株式の売買をする時に見るポイントは安く買うことと高く売ることです。しかし、私たち素人にはどこが安くて、どこが底値になるのかなんてわかりません。これは相当なプロにならないと分からないのではないでしょうか。それでは私のような素人はどう対応すればよいのかですが、それは時間をかけることです。どういうことかというと、自分が底値と思ったときに株式を買ったとします。しかし、それがさらに値段が下がったとしても損切り(株式を損をわかって売ること)しません。株式の値段は波のように安値と高値を時間をかけて行き来します。つまり、じっと待っていれば自分の買った値段より高い値段になる日が高確率でやってくるわけです。プロやデイトレーダーは毎日稼がないといけませんのでこのように時間をかけるわけには行けませんが、素人がそれらのプロを相手に太刀打ちできるのはやはり時間なのです。買った時の値段によりますが、安値で購入していれば大体3か月以内には自分の購入金額を超えてくるのではないでしょうか。そうすることで損ではなくプラスになるのです。銀行の貯金の利子に比べたら非常にいいと思って気長に投資を楽しんでもらえればよいのではないでしょうか。ただ、一点この方法の注意点があります。それは安心の優良企業の株式を購入することです。何か問題を起こした際にすぐにつぶれてしまう可能性のある会社は止めておきましょう。時間をかけることは、そのような問題にあうリスクを抱えていることになりますので。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:39:23

株式投資を行う上で、株と金利と為替の関係は知っておきましょう。そもそも金利とは、銀行などに資金を預けた際に発生する利益のことを言います。金利が上昇すると株価が下がります。金利が下降すると株価が上がります。これが基本的な流れになります。これは、金利が上がると株式投資のようなリスクのある投資をせずに銀行に預金する方が多くなるからです。これにより、株式市場に資金が集まらなくなります。よって、株価が下がります。逆に、金利が下がると預金をしても魅力が無くなってしまいます。よって、株式市場に資金が流れます。これにより株価が上がります。また、金利が上がることで企業の借金も増えます。これにより、企業は借金をしなくなります。これにより、企業の資金繰りが厳しくなってしまいます。よって企業の利益は出にくくなります。企業の業績が悪くなり利益が出ないということは株価も下がってしまいます。金利に関しては、銀行ごとに違います、日本の場合は、日本銀行が金利を決めています。このことから、日本銀行の発言は株価に影響を与えるということになります。次に、為替とは異国間の通過の為替変動のことを言います。国のパワーバランスによって通過の価値が変わります。景気の良い国の通過は買われます。反対に、景気の悪い国の通過は売られます。つまり通過の価値が上がるということは、その国の景気の良さを意味しています。しかし、日本の場合は自動車などの輸出関連企業が多く存在します。円高になると企業の利益が出にくくなってしまいます。なので円高だからといい景気が良いとはなりません。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:39:23

株式投資を行う上で、株に関する情報収集は大切な作業です。この情報収集の方法として雑誌、テレビ、新聞、インターネットが存在します。情報のスピードから言ってインターネットは欠かせない情報手段と言えます。インターネットを使うことで、いろいろなニュースを確認できますし、企業のIR情報も見ることが可能です。他にもインターネットを利用することで、個人投資家が情報交換などをする事も可能です。また、ブログやSNSやツイッターや掲示板、等で多くの方が情報を公開しています。しかし、それとは裏腹にインターネットでは匿名で情報を配信することが出来てしまいます。つまり、責任が無いということです。これにより多くのデマや信憑性が疑われる情報が多く存在します。インターネットでの情報は、こういったことが多いからと言いインターネットでの情報収集を行わないわけにもいきません。なぜなら、雑誌やテレビでの情報収集でも良いのですが、インターネットと比較すると、どうしてもスピードが違います。次に、証券会社が倒産したら、どうなってしまうのかとうことです。投資した企業が倒産した場合は、株券が紙屑と同じ扱いになるのは多くの方がご存知だと思います。証券会社が倒産した場合は、どうでしょうか。自分のお金を預ける会社になるので、十分に確認する必要があります。基本的に投資家の財産と証券会社の財産とは別々に管理するようにされています。このことから、証券会社が倒産しても、投資家の財産はなくなりません。これは、法律によって義務づけられています。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:39:23